旅人とわんこの日々 タイトル

プロローグ
#2-3 ビアデッド・コリーの成長記1

ワンコのいる日常と旅についてつづった写真ブログです。

広告

5、ビアデッド・コリー

家族会議の末、4年前に里親に出したヨークシャーテリアの後釜として、ビアデッド・コリーを飼うことに決まった。

ビアデッド・コリーと聞いてすぐにその姿を思い浮かべられる人は少ないと思うが、イギリスのスコットランド地方原産の牧牛犬、牧羊犬で、人間と長く暮らしてきた歴史ある犬種になる。略して、ビアディという愛称で呼ばれることもある。

ビアデッド・コリー、キャバリア、チワワの比較の写真
ビアデッド・コリー、キャバリア、チワワの比較

体高は53cm~56cm、体重は25キロ前後。大型犬の区分で紹介されることが多いが、メスは一回り小さく、オスは大型犬の最下部、メスは中型犬の最上部といった感じで、ちょうど大型犬と中型犬の境界になる。

ビアデッド・コリーの名は、英語で「あご髭を生やしたコリー」という意味になり、口周りや下あごのひげが長く伸びる外見をしているのが特徴になる。

コリーの名が付けられているが、ポリッシュ・ローランド・シープドッグとハイランド・コリーという犬種を掛け合わせて作出されているので、純粋なコリー犬種ではない。

むしろシープドッグの血統が強く入っているので、シープドッグと名付けたほうが分かりやすかったように思う。

ネパールで見かけたポリッシュ・ローランド・シープドッグ(たぶん・・・)の写真
ネパールで見かけたポリッシュ・ローランド・シープドッグ(たぶん・・・)

外観はオールド・イングリッシュ・シープドッグによく似ていて、地面まで伸びるほど長い体毛に全身が覆われている。

よくオールドと比較されるが、オールドよりもビアデッド・コリーの方が一回り小さく、被毛も若干密ではない分、飼いやすいとされている。

オールドの方が人気と知名度があり、体も大きいので、ビアデッドコリーはオールドの派生犬種と思われがちだが、ビアデッドと他の犬を交雑して誕生したのがオールドなので、ビアデッド・コリーの方が由緒があったりする。

ただ、第二次世界大戦のころには飼う人が少なくなり、一時期は絶滅寸前にまで頭数が減ったそうだ。そんな中、1人の熱心な愛犬家が保存に動き、現在、現存しているビアデッド・コリーのほとんどが、その時に利用した犬の子孫だと言われている。本当に危機一髪だったようだ。

オールド・イングリッシュ・シープドッグの写真
オールド・イングリッシュ・シープドッグ

(*写真:mrfiveさん 写真AC)

性格の方は牧羊犬として飼われていた歴史が長いので、人との暮らしにもよく慣れていて、温厚で人懐っこく、また陽気で賢く、芸達者と言われている。

牧羊犬らしく活発なので、運動量が多いのと、ちょっとやんちゃな面があることと、毛が長いことを除けば飼いやすい犬種と言えるが、逆にそれがこの犬の魅力でもあったりする。

大型犬に分類されているとはいえ、一人で抱えられない大きさではないし、愛嬌のある容姿。性格もいい。もっと人気の犬種になってもいい気もするのだが、この飼い始めたころから、現在までずっと珍しい犬種のまま。しかも年を追うごとにどんどんと数を減らしている。

ちなみに、ジャパンケンネルクラブの年間登録頭数で見ると、1999年は223頭(57位)、2000年は218頭(59位)で、最近の2019年は36頭(83位)、2020年は68頭(72位)と、かなり希少種となっている。

6、ワンコがやって来た!

飼う犬をビアデッド・コリーに決めたのだが、日本では飼育頭数が少ないので、すぐに見つかるかわからない。

あまりにも話がなければ、第二候補のゴールデン・レトリバーでもいいか・・・。ってな感じで探し始めたら、運良くというのか、運命なのか、すぐに話の引き合いがあった。

子犬が産まれた ビアデッド・コリーの写真
子犬が産まれた

*ブリーダーからもらった写真

しかもちょうど5匹産まれたばかりで、1匹は残したいから残りの4匹で選んでくれとのことだった。

まだ1件も引き合いが入っていないとのことで、4匹の中からオスもメスも選べたが、メスの方が幾分小ぶりで、性格も穏やかという話だったので、今回はメスを迎えることにした。

そしてブリーダーの話だと、黒と白の毛色で、子犬の時に白い割合が多いと、成犬になった時に派手な外観になりやすいとか。

それを考慮して、メスの中でも一番白い部分の割合が多い犬、上の写真では真ん中の上に写っている犬を選んだ。

子犬が家に来た ビアデッド・コリーの写真
子犬が家に来た

1993年11月13日

そして、11月中旬、我が家にビアデッド・コリーの子犬がやって来た。

親は何度かブリーダーのところへ足を運んでいたが、あいにくと私は受験生。そんな余裕はなかったので、会うのは今日が初めてだった。

どんな犬が来るのだろう。ブリーダーからもらった写真は穴が開くほど何度も見た。この犬が新しい家族になるんだ。今日来るんだと。

でも、今までビアデッド・コリーの実物を見たことがないので、どんな感じの犬なのか、どれくらいの大きさなのか、具体的なことをイメージすることができない。

一体どんな犬が来るのだろう・・・と想像がつかない分、会うまでが楽しみでしょうがなかった。そして、初対面を果たした時の高揚感は半端なかった。

ビアデッド・コリーの子犬の写真

本などの写真で見るビアデッド・コリーは、長い体毛が印象的なのだが、やって来た子犬はそういった雰囲気はなく、丸っこい感じの可愛い子犬だった。

ちょっとイメージしていたのと違うぞ・・・というのが、最初に見たときの第一印象だった。

それとともに、生後約二カ月の子犬とはいえ、既に以前飼っていたヨークシャーテリアよりもでかいのにビックリした。特に足の太さに目がいってしまう。この足の太さからすると、かなりでかくなりそう・・・。

子犬が歩く様子 ビアデッド・コリーの写真

ただ、まだ骨格がしっかりしていないのと、滑りやすいフローリングに慣れていないのもあって、その太い足をうまく使えず、たどたどしく家の中を歩き回っていた。

そういったよちよちと歩く様子はとても可愛く、すぐに家族全員が子犬の虜となってしまった。そしてそれに応えるように、子犬もすぐに我々に懐いてくれた。

最初に飼ったヨークシャーテリアはちょっと残念な結末になってしまったけど、その分、この犬はしっかりと可愛がってあげよう。そう覚悟を決めた日でもある。

7、名前を決めよう

ちょっと慣れた2週間後 ビアデッド・コリーの写真
ちょっと慣れた2週間後

1993年11月28日

我が家で暮らすにあたって大事なもの。それは名前。家族の証でもある。いい名前を授けて、毎日名前を呼んであげよう。

名前といえば、今年の6月に皇太子と結婚の儀を執り行った雅子様の実家、小和田家で飼っているヨークシャーテリアのショコラが大ブームになっている。犬の名前もあやかってショコラと名付ける人が多いとか。

またショコラに対抗して、チョコとか、マロンとか、デザート系の甘い感じの名前も流行っているらしい。

一昔前は、犬の名前といえば、太郎とか、花子とか、チビとか、クロとか、何かもさッとした感じの名前が多かったのだが、このショコラがゲームチェンジャーとなり、犬の名前も一気にこじゃれた感じになった気がする。

でも、小型犬にはそういった名前は似合うかもしれないが、大型犬だとちょっと軽い印象がしてしまいそう。もっと存在感があって、重厚な感じの名前の方がふさわしい気がする。

モーツァルトのイメージ(*イラスト:tameXさん)

(*イラスト:tameXさん)

ということで、ナポレオン、クレオパトラ、アインシュタイン、ソクラテス、モーツァルト、リンカーン・・・と、私なりに洋風で重厚に感じる名前を色々と考えた。歴史的な人物名が多くなってしまうのは、もっか大学入試の受験生だからかもしれない。

そして家族会議には「カエサル」「ダビンチ」「ルパン」の3つを意気揚々と提出したのだが、どれも他の家族から即却下されてしまった。理由は、人前で呼ぶのが恥ずかしいとのこと。

食器用洗剤チャーミーグリーンのイメージ(*イラスト:かえるWORKSさん)

(*イラスト:かえるWORKSさん)

で、結局、家族会議で決まった名は「チャーミー」。今の若い人はチャーミーと聞いて、何を思い浮かべるだろう。特に何も思い浮かばない・・・という人が多いかもしれない。

でもこの時代だと、多くの人がチャーミーと聞けば、食用洗剤のチャーミーグリーンをすぐに思い浮かべていた。我が家の犬の名前がチャーミーと分かると、必ず「洗剤の」と返ってきたほどである。

なぜ食用洗剤のチャーミーグリーンなのか。それは盛んにテレビのCMで流れていたから。そしてそのCMでは、アットホームな感じの雰囲気の中、「チャーミーグリーンを使うと、手をつなぎたくなる♪」という耳に残るフレーズが流れ、好感度というか、人気の高いCMとなっていた。

手をつなぐイメージ(*イラスト:うさぎやさん)

(*イラスト:うさぎやさん)

チャーミーはそういったアットホーム感じの洗剤の印象と、「魅力的」という意味の英語のチャーミング(charming)をかけ合わせたといった感じ。

私の意見は通らなかったが、実際にチャーミーと呼んでみると、なかなかいい名前だ。響きもいいし、とても呼びやすい。すぐにこの名前が気に入った。

当の本人はどう感じているだろう。気に入ってくれただろうか。それとも、「えぇ~、ちょっと、洗剤みたい名前なんですけど・・・、何とかなりませんかね・・・」と思っているだろうか。そのへんは謎だが、「チャーミー」と名前を呼ぶと、嬉しそうに尻尾を振ってくれているので、きっと気に入ってくれたに違いない。

プロローグ
#2-3 ビアデッド・コリーの成長記
#2-4 ビアデッド・コリーの成長記2 につづく Next Page
広告
広告
広告