極寒のモスクワ散策記1997 ~風の旅人旅行記集~
極寒のモスクワ散策記97'

#6 クレムリン宮殿

1997年12月、飛行機の乗り継ぎを利用して、極寒のモスクワ市内を半日ほど散策した時の旅行記です。(*全12ページ)

広告

16、チケット売り場

帽子売りの大学生に教えられた通りに進んで行くと、クレムリン宮殿のチケット売り場があった。

しかし、開いている窓口は一か所だけで、その窓口には20人ほど並んでいた。結構混んでいるんだな。まあ世界的に知られている観光地だし、しょうがないか・・・。

行列のイメージ(*イラスト:ニッキーさん)

(*イラスト:ニッキーさん)

そう思いながら列の最後尾に並んだものの、なかなか列が進んでいかない。見ていると、購入者が窓口で受け答えを始め、窓口を離れるまでの時間がとても長い。

なんで入場券を買うだけなのにこんなに時間がかかるの?ロシア語の分からない外国人ばかりで、時間がかかっているのだろうか・・・。

多くの観光客が押し寄せ、数をこなすのに時間がかかっているのならしょうがないなと思う。遊園地のアトラクションのように列が進むのにある程度時間がかかるのもしょうがないと思う。

銀行の窓口のように処理に時間がかかるのもしょうがないと思う。でも、ただ入場券を買うのに極寒の中を待たされるのは・・・、勘弁してよ!といった感じで、苦痛に感じる。

苦痛だけどクレムリンに入るには耐えるしかない。なるべく順番が早く来ることを願いながら待ち続けた。

line

並んでいる列の中、ちょうど私の2人前にとても目立つ人物がいた。身長が2mぐらいある大男で、奥さんらしき女性とガイドを連れていた。

大きいだけなら大きな人で終わってしまうのだが、大きいうえに中央アジアらしき独特な民族衣装を着ていて、星占いに使うようなジャラジャラした感じのアクセサリーも幾つか身に付けていた。まるでファンタジーの世界から出てきたような格好だ。

民族衣装のイメージ(*イラスト:蓮さん)

(*イラスト:蓮さん)

入場券を買うときに財布の中が見えたのだが、大きな財布の中には札が分厚く入っていた。きっとどこぞの名のある部族の酋長ではないだろうか。それが一番合点がいく。

しかし、いったいどこの地域の人だろう。ロシア国内、それとも国外?人種は何人になるのだろう。身に付けている道具は何だろう。独特な雰囲気から色々と想像をかき立てられる。

止めどもなく湧き出てくる好奇心から、思い切って話しかけたくてしょうがなくなってくるのだが、英語が通じるのかが問題だ。

案外、中央アジアで広く使われているトルコ語とかの方が通じたりするのではないだろうか。トルコ語なら自己紹介程度は出来るが、違っていたら目も当てられない。

私自身がロシア語ができない以上、話しかけても言葉が通じなかったら気まずい雰囲気になりそうだ。場合によってはどこの部族の間者だ!と返り討ちにあってしまうかも・・・。話しかけてみたいところだが、ここは我慢・・・、だな。

line

その酋長らしき人がクレムリンに入っていき、その次の人がチケットを買い終えると、ようやく私の番がまわってきた。長かった・・・。そして寒かった・・・。

クレムリンは遊園地のように全体の入場券があり、個別の建物に入りたければその分を上乗せしてチケットを買うようになっている。この確認のために一人一人の対応時間が長くなってしまうようだ。

Aコース、Bコース、或いは一律でお得なハッピーセットなどと売るチケットを絞ればいいのにと思ってしまう。

さて私の番だ。ずらずらと書いてある料金表は全部ロシア語。見ても何が何だかわからない。それにクレムリンといっても実はよく知らない。いや、ほとんど何も知らない。知名度だけで来たようなものだ。なので、とりあえず入場券だけを買うことにした。

クレムリン宮殿のチケット
クレムリン宮殿のチケット

さっきの帽子売りの学生達が言うには、後で入りたければ、そこでお金を払っても入れるとの事。だったら中に入ってから決めたほうがいい。

入場券だけ欲しい。そう係の人に伝え、お金を払うと、プリンターでチケットの印刷し始めた。時間がかかって渡されたチケットには、どこに入れるのかが印刷されていた。

1枚の券で7カ所の施設を全て管理しようとするからこんなに時間がかかってしまうんだよな。これはこれで管理しやすい気もするけど、やっぱり効率が悪いような・・・。なにかこう、ロシアらしいというか、中央集権国家らしいシステムのような気がしてしまうのだった。

17、クレムリン宮殿へ入場

入場券を購入して中に入ると、ゲートの先には警備の兵隊が待機していて「鞄の中を見せてください」と、ロシア語で言ってきた。

荷物検査か。ロシア語は分からなかったが、この場面では何を言いたいのか。何をすべきかはすぐに分かった。

持っているのはリュックだけ。中を開けて見せたら、パッと見ただけで、すぐに「いいぞ」と通してくれた。このへんは入国審査の時と一緒。書類を揃えるまでが大変といった感じだ。

クレムリン宮殿の入り口 トロイツカヤ塔
クレムリン宮殿の入り口
トロイツカヤ塔

セキュリティーチェックを受けた後は、少し登りの傾斜がある石橋を渡ってクレムリンに入っていくことになる。

石橋の向こう側にはお洒落な感じのトロイツカヤ塔が待ち構えているといったシチュエーションは、まるでロールプレイングゲームで城に入っていくような感じ。テンションが上がらないわけがない。

さあ、旅人よ。新たな冒険の始まりだ。ドラクエのテーマが脳内でバックミュージックとして流れる中、勇者になりきった旅人は足取り軽く塔に向かって進んでいった。

ロールプレイングゲームのイメージ(*イラスト:MelChangさん)

(*イラスト:MelChangさん)

橋を進んでいくと、塔はどんどんと大きくなっていき、聳えるような大きさになった。遠くから見るとお洒落とか、おもちゃのようなイメージを抱く塔だったが、近くから見上げてみるとなかなかの迫力がある。というより、強烈な威圧感があり、ちょっと怖く感じる。

城壁にある防御塔なので、デザイン重視の張りぼてではないのは分かっていたのだが、遠くから見るのと、間近で見るのとで、もの凄くギャップを感じてしまった。

クレムリン宮殿の塔
クレムリン宮殿の塔

橋の上からトロイツカヤ塔沿いの城壁を眺めると、同じような感じの塔が間隔を開けていくつも聳えている。見た目は可愛らしいが、近づけば同じように威圧感を感じるに違いない。

宮殿と名がついているが、ここは立派な城砦なんだ。実際に防御塔の迫力や城壁の高さを目の当たりにすると実感してくる。

でも、やっぱり・・・、色彩が明るくポップなので、城が持つ武骨な印象が薄く、おとぎ話に出てくるようなおもちゃの城といった印象の方が強い。本当に不思議な建物だ。

内側から見たトロイツカヤ塔
内側から見たトロイツカヤ塔

トロイツカヤ塔をくぐると、いよいよクレムリンに入場。中は広々とした空間となっていて、立派な建物が幾つも並んでいた。小さな町があるというのは大袈裟だが、雰囲気のいい小さな集落がすっぽりと収まっているような感じだった。

それにしても・・・、先ほど買ったコサック帽子のおかげで耳の痛さはなくなったものの、チケット売り場で長々と待たされたおけげで、体が冷えきってしまい、体の芯から震えるような寒さを感じる。

特にしんどいというか、緊急事態になっているのが鼻。時々鼻の奥がツーンとした感触がし、痛くて涙目になっていた。この先観光を続けるなら、なにか対処しないときついな・・・。

今できることはあまりないが、とりあえずのところは手袋で顔を覆いながら歩き、体を温めるために少し早足で歩くことにした。

大男の一行
大男の一行

早足で歩いていると、先ほど列にいた民族衣装を着た大男の一行に追いついた。それにしても彼は目立つ。後ろで観察していると、ほとんどのロシア人が振り向いていた。

そういえば・・・、ビザを取るときに「クレムリンは神聖な場所だ。ムスリムが行くと問題になる。その服では行くな。」と、係りの人に言われたことを今になって思い出した。

モロッコの民族衣装で来たらまずかったんだった・・・。あまりに寒すぎて、すっかりそのことを忘れてしまっていた・・・。

いきなり後ろから銃で撃たれるなんてことになったら最悪だ。思わず背筋に悪寒が走り、後ろを振り返るのだが、もちろん誰も銃口を向けてはいなかった。

でもまあ少なくとも撃たれるなら前を歩いている大男のほうが先だろう。私以上に目立っているし、ムスリムっぽい。そう考えるとこのことはあまり気にならなくなった。それに先ほど購入したコサック帽を頭に被っているので、頭部はすっかりロシア人仕様になっているわけだし。

18、短いクレムリン散策

内部の教会群
内部の教会群
いわくありそうな鐘
いわくありそうな鐘
大砲
大砲

敷地内を歩いてみると、屋根に丸いドームがたくさんあるような立派な教会が建ち並び、いわくのありそうな大砲や大きな鐘なども置いてあった。

大砲の前などには解説板が設置されているのだが、全てロシア語。英語での案内は一切なかった。

米ソの冷戦時代を知るものとしては、町中に英語が全くなくても違和感を感じないが、せめてここはロシアを代表する観光地なので、「なんちゃらのベル」「なんちゃらの教会」などとタイトルだけでも英語で記していて欲しい。これでは何がなんだかさっぱり分からない。

チケットにしても案内板にしても全てロシア語。英語のパンフレットを置いてあるような観光案内所もない。これでは私のようにガイドブックを持たずに来た外国人はどうしようもない。

ウスペンスキー大聖堂
ウスペンスキー大聖堂

よくわからないまま敷地内を歩いてみたが、あるのは教会ばかり。ここはもしかしたら・・・ようやく理解できた。宗教施設の集まりなんだ。

宮殿と名がついていたので、歴代の皇帝とかが暮らしていた建物を中心とした豪華絢爛な宮殿が建ち並んでいて、それを見学して回るのかとばかり思っていた。

探せばそういった重要な場所もあるのかもしれないが、観光客が訪れることができるのは教会のあるエリアだけのようだ。

それと同時にビザ取得の時に係の人が言っていた神聖な場所だとか、危ないとかいった意味がようやく理解できた。何を大袈裟なとその時は思っていたのだが、宗教施設なら納得だ。

クレムリンの様子
クレムリンの様子

宗教施設だとわかると、あまり興味味がなくなってしまった。何よりも勉強不足で教会に葬られている人など知らないし、教会にこの格好で入っていいものかどうかわからない。

何か言われても言葉が通じないのも不安だ。ここはロシア。問題があったら有無を言わさずすぐ連行されそうで怖い。

結局、クレムリンには来てみたものの、どこにも入らずにブラブラと一回りして外に出てしまった。

こんなことなら最初に全部のチケットを購入しておけばよかったな。そうすれば貧乏性の私のことなので、もったいないと全て見て回っただろうに。

或いはせめてクレムリンのページだけでもガイドブックのコピーを持ってくればよかったな。何があるのか、どういった謂れがあるのかが分かれば、入っていく勇気もわいてきただろうに。

こんな簡単に観光を終わらせてよかったのだろうか。ちょっと後ろ髪を引かれる感じがしたが、ちゃんと後悔できるほどの博識になったなら、その時にまた来ればいい。

何よりも今は鼻が痛い。さっきからツーンとした感触が続いていて、完全に涙目になっていた。

極寒のモスクワ散策記97'
#6 クレムリン宮殿
「#7 ロシアのイメージ」につづく Next Page
広告
広告
広告